Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米政府、「Exchange脆弱性」対策で追加指令 - スキャンや対策強化など要請

さらに、OSやネットワークなど、「Exchange Server」に関連するすべてのログについて取得し、最低180日間は独立して管理し、SOCによる積極的な監視を行うことなども要請している。

追加指令の対象は連邦民事行政機関のみとなるが、これまでも広く注意を呼びかけており、州政府や地方自治体、重要インフラ事業者、民間企業に対しても、今回示した緊急指令に記載した追加ガイダンスを参照し、実施するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、月例セキュリティ更新で脆弱性108件に対応 - 一部でゼロデイ攻撃も
MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を
「Exchange Server」脆弱性、10グループ以上が悪用か - パッチ公開前にも
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
「Exchange Server」攻撃で悪用された「China Chopper」の解析情報
MS、3月の月例セキュリティ更新を公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応
SOCで「Exchange Server」への攻撃は未観測、PoCも未確認 - ラック
「Exchange Server」への攻撃、無差別かつ広範囲に - 米政府が全組織へ注意喚起
米政府、「Exchange Server」の脆弱性対応で緊急指令
「Exchange Server」への攻撃が拡大 - MSが侵害確認スクリプトを公開