Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

愛知県、コロナ患者情報誤公開で懲戒処分 - 作成から公開まで1人で担当

愛知県は、同県ウェブサイトで新型コロナウイルス感染症患者の個人情報を誤って公開した問題を受け、3月26日付けで減給など懲戒処分を実施した。

同問題は、2020年5月5日9時半ごろから同日10時過ぎまで約45分間にわたり、同県の新型コロナウイルス感染症のページに、「新型コロナウイルス感染症県内発生事例一覧表」を誤って掲載したもの。

同リストには、患者の氏名、入院先や転院先の医療機関、入院日、退院日、発生届提出保健所、クラスターの名称、分類など、非公開情報を含む患者490人に関する情報が記載されていた。

健康対策課新型コロナウイルス感染症対策室でメディア対応やウェブページ全般など広報を担当する職員が、電話による問い合わせなどへの対応と並行して作業を行ったところ、表計算ファイルより非公開情報を含むシートについて削除し忘れ、そのまま公開してしまったという。

(Security NEXT - 2021/03/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で答案用紙などを紛失、成績には影響なし - 一宮市
個人情報含むメディアを紛失、誤廃棄の可能性 - 春日井市
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
文化振興財団においてメールの誤送信が発生 - 豊田市
県営住宅入居者の個人情報含む書類、強風で飛散 - 愛知県
印刷に利用した患者情報含む私物USBメモリが所在不明に - 愛知県
中学校でアンケート票を紛失、一部が県教委に届く - 春日井市
小学校サイト掲載の学級通信に要配慮個人情報 - 豊田市
児童クラブ職員が個人情報含む書類を一時紛失 - 稲沢市
保育園選考結果で誤送付 - 部屋番号の「0」を意図せず削除