Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「S/MIME」の運用管理支援サービス - 九電ビジネスソリューションズ

九電ビジネスソリューションズは、大規模な環境における「S/MIME」の導入や運営を支援する「CertCONNECT」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、電子証明書を用いてメールの電子署名や暗号化を行う「S/MIME」の導入や運用を支援するソリューション。アシスト、日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)、ハミングヘッズ、九州電力が共同で開発した。

2019年6月から九州電力で運用していたしくみをサービス化したもので、「S/MIME」による電子署名が付与されているメールについて、対応ソフトや対応サービスでリボンマークを表示することが可能。

導入には、ハミングヘッズのRPAソフトを用いてパソコンやメーラーの設定を行うほか、アシストのデータ連携ツールにより人事情報と電子証明書の管理サーバを連携。電子証明書の自動発行や失効処理を行うとしている。

利用にあたっては、初期費用のほか、メールアドレスの件数に応じた月額料金が発生する。

(Security NEXT - 2021/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足