Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を

マイクロソフトは、詳しい知識がなくてもワンクリックで「Microsoft Exchange Server」に見つかった深刻な脆弱性の影響を緩和できるツール「Exchange On-Premises Mitigation Tool(EOMT)」をリリースした。定例外パッチの適用が未実施となっているすべての利用者へ活用を呼びかけている。

「Microsoft Exchange Server」に関しては、ゼロデイ攻撃に悪用された3件をはじめ、7件の脆弱性を修正する定例外のセキュリティアップデートが3月2日に公開されている。

脆弱性が与える影響の大きさから、同社では侵害状況を確認するスクリプトをリリースしたほか、さらにセキュリティ更新プログラムについても、最新の「累積更新プログラム(Cumulative Update)」が適用されていないサポート対象外の環境に対しても、3件の脆弱性を解消するアップデートを順次提供している。

一方、組織にセキュリティ担当者を配置しておらず、セキュリティ更新プログラムをまだ適用していない利用者や、パッチの適用に不慣れな利用者もいるとして、サポート対象外のバージョンを利用する場合も含めて、暫定的な緩和策をワンクリックで実施できるツールを用意した。

(Security NEXT - 2021/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
MS、11月の月例パッチを公開 - 悪用済み2件を含む脆弱性55件を修正
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
MS、7月の月例パッチを公開 - ゼロデイ脆弱性3件に対応