Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Exchange脆弱性」の影響を緩和する簡易ツールを公開 - 未修正なら活用を

同ツールは、「Microsoft Exchange Server 2019」「同2016」「同2013」においてテストを行っており、同社はアップデートが未適用となっているすべての利用者へ利用を推奨している。

「Microsoft Exchange Server」の利用環境にダウンロードし、実行することで脆弱性「CVE-2021-26855」の影響を緩和。また同ツールには、マルウェアを検出して削除する最新の「Microsoft Safety Scanner」も含まれるとしている。

あくまでも一時的な緩和策としており、「セキュリティ更新プログラム」に代わるものではなく、実施後にはアップデートの実施や侵害の有無の調査など、ガイダンスに従って対応する必要があるため、注意が必要。

(Security NEXT - 2021/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2022年最初の月例セキュリティ更新をリリース - 97件に対応
「Exchange Server」のメール処理が滞る不具合が発生
米英豪、イランのAPT活動に注意喚起 - 「Fortinet」「Exchange」の脆弱性が標的
MS、11月の月例パッチを公開 - 悪用済み2件を含む脆弱性55件を修正
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
MS、10月の月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ脆弱性1件含む74件を解消
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を