Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET

キヤノンマーケティングジャパンは、同社が取り扱うESET製品において2020年に国内で検知したマルウェアや脅威の状況について取りまとめた。

同社によると、2020年に検出されたマルウェアの状況を取りまとめたもの。潜在的に望まれない迷惑アプリ「PUA」なども含めた検出数の推移は、2018年と比較すると約2倍近くに増加。ウェブサイトの広告を悪用したケースや、アドウェアの増加が影響したという。

国内では年後半に向けて増加傾向が見られ、1月を100とすると12月は約2倍のマルウェアが検出された。国外では第1四半期後半から第2四半期にかけて増加傾向が見られたが、その後緩やかに減少。2020年後半は1月とほぼ同じ水準となり傾向が異なる。

20210312_cm_002.jpg
屋内における2018年上半期から2020年下半期までの検出数推移

(Security NEXT - 2021/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
マルウェアメール、日本が検出最多 - ESETまとめ
米NSA、セキュアなオンライン会議を導入するためのガイダンス
2021年1Qのダークネット宛パケット、前月から約1割減