Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA

同社は、本誌取材に対してウェブやアプリについて、暗証番号の入力試行回数に制限を設けていると説明。なりすましによる「不正ログイン」が発生した期間や回数、アクセス元のIPアドレスなどは、3月16日の時点で特定に至っておらず、調査を進めているという。

さらに不正ログインが行なわれた顧客のうち、23人において不正取引の被害が確認された。このうち21人では、「スマホATM」サービスを悪用した不正出金の被害が発生している。

「スマホATM」は、スマートフォン向けに提供している「レイクALSA公式アプリ」を利用したサービス。カードを使わず、スマートフォン上に表示された「QRコード」を用いて、セブン銀行のATMより出金するしくみだが、不正ログイン後に悪用された。

また23人のうち7人に関しては、「Web返済サービス」が悪用され、利用者の意図しない返済が行なわれていた。同サービスは、他金融機関より「Pay-easy(ペイジー)」によって入金して返済できるもので、利用するには同サービスへログイン後、さらに送金元となる金融機関にもログインして手続きを行う必要がある。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバにSQLi攻撃、会員メアドが流出か - イシバシ楽器
不正アクセスでクレカ情報流出の可能性 - 警察実務書扱う出版社
衣料通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出の可能性 - ネクスG子会社
出版目録のサイトに不正アクセス、メアドが流出 - 全社協
美容グッズ通販サイトで顧客情報流出のおそれ - 店舗利用者にも影響
寿司のテイクアウト予約サイト、クレカ情報流出の可能性 - ECシステムに不正アクセス
ジュエリー通販サイトからクレカ情報流出 - 不正利用された可能性
個人情報流出の可能性示す痕跡を発見、最大対象件数を算出 - リニカル
「オムニEC」への不正アクセスで情報流出の可能性 - ホームセンター通販サイト
ドレス通販サイトに不正アクセス - クレカやログイン情報流出の可能性