Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA

同社では、今回の問題を受けて不正取引の被害に対し、補償手続きを進めている。不正送金、不正返済で生じた被害の金額については「回答を差し控える(新生銀行グループ広報)」として明らかにしていない。

第三者による不正なログインが確認された顧客については、対象となる顧客の暗証番号を無効化。個別に連絡を取り、暗証番号の変更を依頼している。

「ペイジー」を利用した「Web返済サービス」については2020年12月8日、スマホATMによる出金は、同年12月23日に停止。同社では金融庁など監督官庁へ事態を報告するとともに、警察に対して相談を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

栃木の名産品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
不正アクセスでメアド流出の可能性 - 岡山県医師会
ヘルメットや安全標識を扱う2サイトに不正アクセス
化粧品通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
複数サーバにサイバー攻撃、顧客情報流出の可能性 - 森永製菓
インテリア雑貨ショップに不正アクセス - クレカ情報2763件が流出した可能性
パートナー企業の不正アクセスで顧客情報流出 - ラクスル
SQLi攻撃でメールアドレスが流出か - アウトドア用品企画会社
サーバに不正アクセス、卒業生の個人情報流出の可能性 - 琉球大