Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Microsoft Exchange Server」に定例外パッチ - ゼロデイ攻撃が発生

いずれの脆弱性も一般に公開されていないが、「CVE-2021-26855」「CVE-2021-26857」「CVE-2021-26858」「CVE-2021-27065」の4件については、限定的な標的型攻撃に悪用されたことを確認しているという。

443番ポートへ信頼できない接続を許可している場合に脆弱性を悪用されるおそれがあり、アクセスを制限することで影響を緩和することができると説明。

インターネットから接続が可能な環境に対して優先的に更新を実施し、それ以外の環境についてもアップデートを実施するよう同社では呼びかけている。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-26412
CVE-2021-26854
CVE-2021-26855
CVE-2021-26857
CVE-2021-26858
CVE-2021-27065
CVE-2021-27078

(Security NEXT - 2021/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート
「Adobe Acrobat/Reader」に14件の脆弱性、アップデートが公開 - すでにゼロデイ攻撃も
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「Chrome 90.0.4430.212」が公開、セキュリティ関連で19件の修正
IoT機器や制御機器に用いるRTOSなどにRCE脆弱性「BadAlloc」
「EC-CUBE」に脆弱性、クレカ情報流出被害も - 早急に更新や攻撃有無の確認を