Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院

松下記念病院において、患者情報を記録したノートパソコンが所在不明となっている。

同院によれば、2月16日に患者情報を含むノートパソコン1台の紛失が判明したもの。放射線科でレントゲン撮影に用いる端末で、1971人分の撮影画像データが保存されていた。撮影画像データには、ID、氏名、生年月日、性別、年齢、撮影部位、病室、医師コード、医師氏名、撮影画像が含まれる。

端末が設置されていたレントゲン撮影の設定室は部外者が出入りできる場所ではなく、端末以外で所在不明となっているものはないという。

同院では監督官庁へ届けるとともに、警察署へ被害届を提出した。対象となる患者に対して書面を通じて経緯を説明し、謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

電子カルテを目的外閲覧、外部漏洩した職員を処分 - 徳島県
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
様式ファイルに新型コロナの患者情報、消去不十分で - 宮城県
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
大阪市の公開資料にコロナ患者管理システムのパスワード - 2段階認証の盲点も
河川敷に患者情報含む書類、原因を調査 - 十和田市立中央病院
新型コロナ患者情報を県内全小学校へ誤送信 - 静岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター