Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運

日本通運は、同社の複数端末が不正アクセスを受けたことを明らかにした。一部情報が外部に流出した可能性があり、詳細を調べている。

同社のパソコン2台が第三者による不正アクセスを受けたもの。そのうち1台はマルウェアに感染しており、不正アクセスを受けた際に感染させられた可能性がある。

同社によると、2月6日にマルウェアの感染を確認。調査を進めたところ、2月24日に不正アクセスによって端末内部のメールを閲覧された可能性があることが判明したという。

不正アクセスの原因や、メール以外の情報が流出した可能性も含めて影響の範囲について調査を進めている段階としており、具体的な件数や対象となる情報についてはコメントを得られなかった。

1台から見つかったマルウェアについては、顧客の環境へ直接影響を及ぼすものではなく、顧客からも被害の報告など受けていないとしているが、詳細な分析を進めている。

(Security NEXT - 2021/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高教諭が「偽警告」被害、第三者が業務用端末を遠隔操作 - 長野県
サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
LINEヤフーのサイバー攻撃被害、メールやSlack上でも - 対象件数を修正
オンラインストアのセール案内メールで誤送信 - 東京ソワール
ゼロデイ攻撃で受信メールが流出した可能性 - 国立科学博物館
東大教員PCが標的型攻撃でマルウェア感染 - 対策ソフトは検知せず
委託先がランサム被害、発注データ流出のおそれ - 積水ハウス
グループ会社で個人情報流出の可能性、機微情報への影響は調査中 - 日本原燃
上下水道関連システムがマルウェア感染、インフラへの影響なし - 大槌町
標的型攻撃メールでPCがマルウェア感染 - 東大研究機関