Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運

日本通運は、同社の複数端末が不正アクセスを受けたことを明らかにした。一部情報が外部に流出した可能性があり、詳細を調べている。

同社のパソコン2台が第三者による不正アクセスを受けたもの。そのうち1台はマルウェアに感染しており、不正アクセスを受けた際に感染させられた可能性がある。

同社によると、2月6日にマルウェアの感染を確認。調査を進めたところ、2月24日に不正アクセスによって端末内部のメールを閲覧された可能性があることが判明したという。

不正アクセスの原因や、メール以外の情報が流出した可能性も含めて影響の範囲について調査を進めている段階としており、具体的な件数や対象となる情報についてはコメントを得られなかった。

1台から見つかったマルウェアについては、顧客の環境へ直接影響を及ぼすものではなく、顧客からも被害の報告など受けていないとしているが、詳細な分析を進めている。

(Security NEXT - 2021/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ニップン、同時多発的に暗号化被害 - バックアップも
台湾子会社へのサイバー攻撃、従業員情報が流出 - 塩野義製薬
中国の再委託先、データを無許可で個人クラウドに - 村田製作所
管理物件の居住者情報含む端末がマルウェア感染 - JR西日本関係会社
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
個人情報含むファイルをVirusTotalに誤送信 - 北陸先端大