Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

消費者庁が「サポート詐欺」に注意喚起 - MSロゴなど悪用

一連の詐欺では無関係な第三者が「マイクロソフト」の名称やロゴなど悪用し、関係者を装う特徴も見られた。ブランドを悪用されたマイクロソフトも、こうした悪質な詐欺に注意するよう呼びかけている。

マイクロソフトは「エラーメッセージや警告メッセージを表示してサポート窓口の電話番号に問い合わせをさせるようなことはない」とし、ブラウザでインターネットを閲覧中に同社サポートへ連絡するよう求める警告画面は詐欺であると指摘。

ギフトカードや暗号通貨でサポート料金を請求することもなく、こうした警告画面が表示されても、ボタンを押したり、相手の求めに応じて連絡を取らないよう注意を求めている。

こうした詐欺では金銭被害にとどまらず、端末の遠隔操作を許可してしまうと、端末内にあるデータの窃取や破壊、マルウェアのインストール、端末利用者へのなりすましによる不正契約、犯罪の踏み台など、より大きな被害へ発展するおそれもある。

警告メッセージに遭遇した場合、画面上に記載された電話番号には連絡を取らず、公式サポート窓口に連絡するよう呼びかけた。操作ができなくなった場合は、「ctrl」「alt」「del」キーを同時に押してタスクマネージャーを起動し、操作ができなくなったブラウザを終了するなど対策も紹介している。


マイクロソフトによる注意喚起(画像:YouTube)

(Security NEXT - 2021/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ひっかからないで!」JC3が詐欺の注意喚起動画
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
Trend Micro従業員が顧客情報を売却 - サポート詐欺に悪用
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
マウスポインタが勝手に移動? - ブラウザの「動画」でだます「偽警告」の新手口