Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュリティ・キャンプフォーラム2021」を3月13日にオンラインで開催する。

同フォーラムは、「セキュリティ・キャンプ」の修了生の活動状況などを紹介し、認知度の向上などを目的に開催するイベント。ゲヒルンの代表取締役である石森大貴氏の基調講演をはじめ、セキュリティ・キャンプ修了生の講演などを予定している。

誰でも参加でき、定員は100名程度。参加費は無料。申し込み方法などイベントの詳細は同イベントのページから。フォーラム終了後には、「セキュリティ・キャンプ交友会2021春オンライン」も予定している。

また同イベントの開催に先立ち、セキュリティ・キャンプ協議会では、「セキュリティ・キャンプアワード2021」として修了生による講演を募集している。

テーマは、セキュリティに関する研究や開発、サービス運用、コミュニティ活動、インシデント対応、脆弱性発見などで、地方大会参加者を含む25歳以下の修了生が対象。賞品なども用意している。締め切りは2月17日必着。詳細は、同アワードのページから。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

若手国際CTFで日本人含むアジアチームが好成績 - 言葉や準備不足乗り越え奮闘
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
セキュキャン全国大会、週明け11日より募集開始
セキュリティ専門家2名や「セキュリティのアレ」に総務大臣奨励賞
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
「JC3 Forum 2022」を3月に開催 - 脅威動向など解説
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
GSXがマザーズ上場 - 公募価格大きく上回る高値つけるも後場ストップ安に
インド太平洋地域における制御システムのセキュリティ向上を支援 - 日米欧が連携
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論