Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュキャン修了生の発表イベント - オンラインで開催

情報処理推進機構(IPA)は、「セキュリティ・キャンプフォーラム2021」を3月13日にオンラインで開催する。

同フォーラムは、「セキュリティ・キャンプ」の修了生の活動状況などを紹介し、認知度の向上などを目的に開催するイベント。ゲヒルンの代表取締役である石森大貴氏の基調講演をはじめ、セキュリティ・キャンプ修了生の講演などを予定している。

誰でも参加でき、定員は100名程度。参加費は無料。申し込み方法などイベントの詳細は同イベントのページから。フォーラム終了後には、「セキュリティ・キャンプ交友会2021春オンライン」も予定している。

また同イベントの開催に先立ち、セキュリティ・キャンプ協議会では、「セキュリティ・キャンプアワード2021」として修了生による講演を募集している。

テーマは、セキュリティに関する研究や開発、サービス運用、コミュニティ活動、インシデント対応、脆弱性発見などで、地方大会参加者を含む25歳以下の修了生が対象。賞品なども用意している。締め切りは2月17日必着。詳細は、同アワードのページから。

(Security NEXT - 2021/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

自動車分野のセキュリティ技術を競うCTFイベント - 経産省
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
「セキュリティ・キャンプ2024全国大会」の応募受付を開始
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、2名2団体を選出
政府や独法関係者対象にCTFコンテスト「NISC-CTF」を開催
ネット偽情報対策の取り組みに関する意見を募集 - 総務省
SecHack365の成果発表会を3月に開催 - ワークショップなども
次年度開催に向けて「SecHack365」がオンライン説明会
アジア版セキュキャン「GCC 2024」、2024年2月にタイで開催
メタバース内に「警視庁サイバーセキュリティセンター」を開設