Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車産業「Japan Automotive ISAC」が発足

国内の自動車関連産業に携わる事業者間でサイバーセキュリティの関連情報について共有や分析を行う「Japan Automotive ISAC(J-Auto-ISAC)」が2月5日に設立された。

コネクテッドカーにおけるサイバーセキュリティの確保を目指し、日本自動車工業会に所属する自動車メーカー全14社、日本部品工業会に所属する主要サプライヤー7社が発起人となって設立したもの。

これまでも日本自動車工業会がワーキンググループ「J-Auto-ISAC WG」を2017年1月に設置し、日本部品工業会や米Auto ISACと連携しつつ活動してきたが、モビリティビジネスの拡大により、関連事業者が増加していることを受け、業種や事業規模を超えた連携の実現に向けて、一般社団法人として同団体を立ち上げた。

発起人は次のとおり。いすゞ自動車、川崎重工業、スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、トヨタ自動車、日産自動車、日野自動車、本田技研工業、マツダ、三菱自動車工業、三菱ふそうトラック・バス、ヤマハ発動機、UDトラックス、アイシン精機、住友電気工業、デンソー、パナソニック、日立Astemo、マレリ、三菱電機。

(Security NEXT - 2021/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ニチリン米子会社でランサム被害 - ウェブの閲覧障害も
ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
政府、サイバー攻撃に再度注意を喚起 - SC全体のリスクコントロールを
「Emotet」感染で従業員装うメール - 三井住友オートサービス
「Emotet」感染で従業員装うメール - 東北海道いすゞ自動車
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害