Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模向けCisco製VPNルータに深刻なRCE脆弱性 - アップデートが公開

Cisco Systemsの小規模環境向けVPNルータに複数の脆弱性が明らかとなった。脆弱性を悪用されるとリモートよりコードを実行されるなど、深刻な影響を及ぼすおそれがある。

20210205_cs_001.jpg
7件の脆弱性が判明し、重要度「クリティカル」と評価されている(画像:Cisco Systems)

対象となるのは、「RV260 VPNルータ」「RV260P VPNルータwith POE」「RV260W Wireless-AC VPNルータ」「RV160 VPNルータ」「RV160W Wireless-AC VPNルータ」の5製品。

「CVE-2021-1289」をはじめ、あわせて7件の脆弱性が判明。HTTPリクエストの処理に脆弱性は存在しており、ウェブ管理インタフェースへ細工したパケットを送信され、リモートよりコードを実行されるおそれがある。2月3日の時点で悪用は確認されていない。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のスコアは「9.8」で、重要度をもっとも高い「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。同社は、脆弱性を解消したファームウェアのアップデート「バージョン1.0.01.02」をリリースした。今回判明した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2021-1289
CVE-2021-1290
CVE-2021-1291
CVE-2021-1292
CVE-2021-1293
CVE-2021-1294
CVE-2021-1295

なお、すでにサポートが終了している同社「Cisco RV215W Wireless-N VPNルータ」「同RV130W Wireless-N多機能VPNルータ」「同RV130 VPNルータ」「同RV110W Wireless-N VPNファイアウォール」に関しても、1月に深刻な脆弱性が多数判明している

(Security NEXT - 2021/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、アップデート「iOS 16.3」などを公開 - 複数脆弱性を修正
「Drupal」のコアやモジュールに脆弱性 - 情報漏洩のおそれ
コラボレーションツール「Cisco Unified CM」に脆弱性
「Git」にアップデート、複数の深刻な脆弱性に対処
TP-Link製の一部ルータに深刻な脆弱性 - アップデート未提供
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
「ManageEngine」の脆弱性、悪用が発生 - 侵害の有無についても確認を
オープンソースの仮想スイッチ「Open vSwitch」に複数脆弱性
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
NVIDIA製メタバースツールキットに脆弱性 - アップデートで修正