Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を

小規模向けに提供されている複数のCisco Systems製ルータにあわせて74件の脆弱性が明らかになった。深刻な脆弱性が含まれているが、ソフトウェアのメンテナンス期間は終了しており、アップデートの提供予定はないという。

「Cisco RV215W Wireless-N VPNルータ」「同RV130W Wireless-N多機能VPNルータ」「同RV130 VPNルータ」「同RV110W Wireless-N VPNファイアウォール」において脆弱性「CVE-2021-1164」をはじめ、CVEベースで74件の脆弱性が明らかとなったもの。いずれも悪用は確認されていない。

「CVE-2021-1164」は、「UPnPパケット」の処理に明らかとなった脆弱性で、認証なしにリモートより管理者権限でコードを実行したり、機器の再起動が可能になるという。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」におけるベーススコアは「9.8」。1月13日に脆弱性が公表された当初、重要度は4段階中2番目にあたる「高(High)」としていたが、1月19日にもっとも高い「クリティカル(Critical)」へと引き上げている。

(Security NEXT - 2021/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「MS Edge」がゼロデイ脆弱性を解消 - 前版ベースに急遽対応
外部アプリより利用する「OpenSSL」の一部関数にDoS脆弱性
「Chrome」にアップデート - 今月3度目のゼロデイ脆弱性修正
Aruba製アクセスポイントに深刻な脆弱性 - アップデートを
悪用脆弱性リストにMS月例パッチで報告された2件を追加 - 米当局
「Cisco Crosswork NSO」など複数製品の脆弱性に対応 - Cisco
「Junos OS」に実装される「OpenSSH」の脆弱性について説明 - Juniper