Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SonicWall、VPN製品のゼロデイ脆弱性に対処 - 早急に更新を

SonicWallのリモートアクセス製品「SonicWall SMA100シリーズ」に深刻な脆弱性が見つかった問題で、同社はファームウェアのアップデートを公開し、利用者へ早急に適用するよう求めた。

同シリーズは、SSL VPNによるリモートアクセス機能などを提供するアプライアンス製品。一部バージョンに深刻な脆弱性「CVE-2021-20016」が存在し、リモートの攻撃者によって管理者権限を取得され、コードを実行されるおそれがある。

対象となるのは、バージョンが「10.x」のファームウェアを搭載した「SonicWall SMA 410」「同SMA 400」「同210」「同200」およびバーチャルアプライアンス「同500v」。

同脆弱性の共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアは「9.8」で、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社では、標的型攻撃において同社製品における未知の脆弱性が悪用された可能性を踏まえ、1月より調査を進めて来たが、1月31日に外部より具体的な脆弱性に関する報告が寄せられ、アップデートの準備を進めていた。

(Security NEXT - 2021/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VR空間プラットフォーム「Hubs Cloud」に認証情報流出のおそれ
MTAの「Exim」に21件の脆弱性、PoCも公開 - パッチ適用を
「Firefox」にセキュリティ更新 - Android版のみ影響する深刻な脆弱性も
「Samba」にサービス拒否や共有ファイルを削除される脆弱性
VPN製品「Pulse Connect Secure」にアップデート - ゼロデイ脆弱性など修正
「BIND 9」に3件の脆弱性 - RCEやDoS攻撃のおそれ
QNAPのバックアップソリューション「HBS 3」に深刻な脆弱性
Google、「Chrome 90.0.4430.93」をリリース - 9件のセキュリティ修正を実施
都の医療従事者向け「ワクチン接種予約システム」に複数不具合
Apple、「iOS 14.5」をリリース - 脆弱性50件を修正