Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円

欧米の法執行機関の連携で攻撃インフラのテイクダウンが実施されたマルウェア「Emotet」だが、資金の動きなども明らかになってきた。

イギリスの国家犯罪対策庁は、約2年間にわたり、欧米の法執行機関と協力し、「Emotet」のインフラストラクチャについてマッピングを進めてきたと経緯を説明。現地時間1月26日に捜査が行われ、今回の作戦により、少なくとも700台のサーバをテイクダウンしたことを報告した。

同庁では、「Emotet」における資金の動きについても解明に向けて捜査を進めているが、犯行グループが利用していたひとつの仮想通貨プラットフォームを調べたところ、2年間で約1050万ドルの資金が移されていることが判明したという。また犯行グループは、犯罪インフラを維持するため、同期間に約50万ドルを費やしていたと見られる。

同庁では、国際的な連携を通じて「Emotet」に関連する犯人を特定、逮捕するため、活動を続けていくとしている。

(Security NEXT - 2021/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも