Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が別人のIDカードで原発建屋内に - 東電柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原子力発電所において、東京電力ホールディングスの従業員が別人のIDカードを使用し、原発建屋内に入っていたことがわかった。

同社によると2020年9月下旬ごろ、別人のIDカードを用いて原発建屋内にある中央制御室へ不正に入室していたもの。中央制御室に入室する資格を持つ従業員だとしている。

同社は今回の問題について、核物質防護上の脆弱性が公になるおそれがあることや、核原料物質、核燃料物質および原子炉の規制に関する法律により、詳細は公表できないと説明。対策を実施し、原子力規制庁への報告を行ったという。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
採用合否通知メールに別人の氏名と合否を記載 - 住友ゴム
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
ユーザー車検代行利用者へのアンケートで誤送付 - 国交省
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
別人の納税催告書を誤って送付 - 栃木県壬生町
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形