Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が別人のIDカードで原発建屋内に - 東電柏崎刈羽原発

柏崎刈羽原子力発電所において、東京電力ホールディングスの従業員が別人のIDカードを使用し、原発建屋内に入っていたことがわかった。

同社によると2020年9月下旬ごろ、別人のIDカードを用いて原発建屋内にある中央制御室へ不正に入室していたもの。中央制御室に入室する資格を持つ従業員だとしている。

同社は今回の問題について、核物質防護上の脆弱性が公になるおそれがあることや、核原料物質、核燃料物質および原子炉の規制に関する法律により、詳細は公表できないと説明。対策を実施し、原子力規制庁への報告を行ったという。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭訪問の事前連絡票を誤送付、コピペミスで異なる宛先に - 江戸川区
同姓同名の別人に納税通知書を約17年にわたり誤送付 - 鎌倉市
高齢者世帯実態調査の一部調査票に別人情報 - 志木市
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
姓など同じ別人のマイナンバーを住民システムに誤入力 - 鎌倉市
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
クラファンで別人に商品や通知メールを配送
特別児童扶養手当の認定書類を別人に誤送付 - 生駒市
委託先で作業ミス、メール文中に別人の氏名を表示 - 福岡市
都の電子申請システムで不具合 - 別人の教員選考受験票を表示