Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県

埼玉県において、新型コロナウイルス感染症の患者情報を誤って同県ウェブサイトへ掲載するミスが発生した。

1月25日17時15分ごろから同日22時半ごろにかけて、同県で扱った新型コロナウイルス感染症の患者191人分の氏名を誤ってウェブサイト上に掲載したもの。外部より電話で指摘があり判明。同県では問題のファイルを削除、本来のファイルに差し替えた。

同県の報道発表資料に情報の重複を発見してウェブサイトのデータを修正したが、誤って患者氏名を含むリストを掲載してしまったという。同県では、関係者に対して経緯を説明や謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2021/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所