Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールアカウント2件に不正アクセス - 板橋区医師会

板橋区医師会は、メールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メール送信の踏み台として悪用されたことを明らかにした。

同医師会によれば、1月22日、同医師会が利用する2件のメールアカウントが不正アクセスを受け、大量の迷惑メールが送信されたもの。

不正アクセスの判明を受け、同医師会では対象のアカウントを停止した。同医師会のアカウントより迷惑メールを受信した場合も、本文のリンクや添付ファイルを開かずにメールごと削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2021/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大
SQLi攻撃で顧客のメールアドレスが流出 - ロゴヴィスタ
アカウント2件に不正アクセス、スパム踏み台に - 早稲田システム開発
メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 神戸海星女子学院大
教員アカウントがスパム送信の踏み台に - 九州歯科大
メルアカ2件に不正アクセス、スパムの踏み台に - 徳洲会関連病院