Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明

Palo Alto Networks製品が搭載する「PAN-OS」において情報が漏洩する複数の脆弱性が判明した。

影響を受ける脆弱性は、「PAN-OS」のバージョンによって異なるが、2件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2021-3032」は、ログ転送において秘匿されるべき設定情報が含まれる脆弱性。暗号化されたユーザー名やパスワードのほか、ログ転送サーバにおける証明書プロファイルの秘密鍵など、最大1024バイトが含まれるおそれがあるという。

またファイアウォールのメモリからEthernetにランダムで少量のパケットが漏洩する脆弱性「CVE-2021-3031」が存在。同じサブネット上より情報を収集されるおそれがある。

以前に送信したフレームデータをクリアせずに再利用することに起因し、「Etherleak」として古くから知られるる脆弱性で、脆弱性スキャナなどでは「CVE-2003-0001」として対処されている。

これら脆弱性は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、それぞれ「4.4」「4.3」、いずれも重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。いずれも悪用は確認されていない。

「CVE-2021-3032」は、「PAN-OS 10.0.1」「同9.1.4」「同9.0.12」「同8.1.18」、「CVE-2021-3031」は「同9.1.5」「同9.0.12」「同8.1.18」および以降のバージョンで修正されている。

(Security NEXT - 2021/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響