Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明

Palo Alto Networks製品が搭載する「PAN-OS」において情報が漏洩する複数の脆弱性が判明した。

影響を受ける脆弱性は、「PAN-OS」のバージョンによって異なるが、2件の脆弱性が明らかとなったもの。「CVE-2021-3032」は、ログ転送において秘匿されるべき設定情報が含まれる脆弱性。暗号化されたユーザー名やパスワードのほか、ログ転送サーバにおける証明書プロファイルの秘密鍵など、最大1024バイトが含まれるおそれがあるという。

またファイアウォールのメモリからEthernetにランダムで少量のパケットが漏洩する脆弱性「CVE-2021-3031」が存在。同じサブネット上より情報を収集されるおそれがある。

以前に送信したフレームデータをクリアせずに再利用することに起因し、「Etherleak」として古くから知られるる脆弱性で、脆弱性スキャナなどでは「CVE-2003-0001」として対処されている。

これら脆弱性は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」において、それぞれ「4.4」「4.3」、いずれも重要度は「中(Medium)」とレーティングされている。いずれも悪用は確認されていない。

「CVE-2021-3032」は、「PAN-OS 10.0.1」「同9.1.4」「同9.0.12」「同8.1.18」、「CVE-2021-3031」は「同9.1.5」「同9.0.12」「同8.1.18」および以降のバージョンで修正されている。

(Security NEXT - 2021/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「macOS Big Sur」「iOS/iPadOS」のゼロデイ脆弱性を修正 - 今月2度目の更新
個人情報含む資料を元従業員が第三者へ提供 - 日本管財住宅管理
Arcadyan製ルータソフトに脆弱性 - バッファロー製品にも影響
マイナンバーのヒヤリハットや漏洩の事例集 - 個情委
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
コンサート当選通知に異なる宛名、データにズレ - 大阪市
Geutebrück製産業用ネットワークカメラに深刻な脆弱性
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも