Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市

和歌山市の保健所において、新型コロナウイルス感染者の個人情報含む会議資料を、誤って無関係のメールアドレスへ送信するミスが発生した。

同市によれば、1月19日20時過ぎに会議資料を職員個人のメールアドレスに送信したが、送信を依頼した際のメールアドレスに誤りがあり、第三者へ送信したもの。翌20日9時ごろメールアドレスに誤りがあることが判明した。

誤送信された会議資料には、新型コロナウイルス感染者414人の氏名、年齢、性別、入退院日、入院機関名、可能性のある感染経路、陽性確認日などが含まれる。

同市では1月20日10時に誤送信先のメールアドレスに対し、誤送信したメールの削除と同市への連絡を依頼。しかし返信はなく、翌21日にも同様のメールを再送信しているが、連絡が取れていないという。

同市では対象となる関係者へ電話で連絡を取り、謝罪している。また個人情報を含むメールの送信作業について見直しを行う。

(Security NEXT - 2021/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
新型コロナ陽性患者リストを誤配送 - 神奈川県
複数自治体で新型コロナ患者情報の誤送付が発生
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所