Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者

ゴールデンウェイ・ジャパンは、顧客からの問い合わせメールに対する返信に、誤って顧客の個人情報含むファイルを添付したことを明らかにした。

同社によれば、1月7日16時半過ぎ、同社に問い合わせを行った顧客1人にメールで返信した際、2020年12月1日から同月31日までの間にやり取りした顧客との電話内容およびメール内容を含むファイルを誤って添付したもの。

誤添付したファイルには、個人顧客の氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、勤務先電話番号、および法人の会社名、担当者氏名、会社の住所、電話番号、メールアドレス、携帯電話番号など、2873件の個人情報が含まれていた。

同社では1月7日に誤送信先に連絡し、ファイルの削除を依頼。8日に削除された。流出の対象となった顧客に対し、メールまたは電話で順次連絡するとしている。

(Security NEXT - 2021/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
申請者の個人情報を無関係の自治体へ誤送信 - 豊能町
受託業務で使用する端末が「Emotet」感染 - NTT西
「Emotet」に感染、診療業務には影響なし - 那須南病院
マルウェア感染で個人情報流出の可能性 - 保育施設運営会社