Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も

同プロジェクトは、サポート終了後は「CentOS Stream 8」に移行するのが最善のオプションとし、移行手順を用意。「RHEL 8」のフルサポートと同じ2024年5月31日まで更新を提供する方針を示している。

実稼働環境で「CentOS 8」を使用している場合など、ニーズに「CentOS Stream」が合致しない場合は、「RHEL」へ移行するよう促した。

同プロジェクトでは、「CentOS Stream」は「RHEL」のベータテストではないとするが、一方で「RHEL」の次バージョンに対する開発やテストが行えることも同時にアピール。

Red Hatは、「CentOS Stream」を「RHEL」のナイトリービルドと同様のものとし、「CentOS Stream」に到達する前にテストや品質確認など行っており、「RHEL」と同程度の安定性を確保しているとフォローした。

しかし、「RHEL」のダウンストリームという安定性、無料で再配布も可能であることから、開発環境やクラウドなど多くの環境で利用されてきた経緯もあり、開発ブランチへの移行はギャップが大きく、反発の声は少なくない。

脆弱性への対応については、「RHEL」において修正を実施し、「CentOS Stream」に対して更新が提供される見込み。脆弱性情報の解禁時間の設定による影響だと説明している。

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働
サポート終了目前に「OpenSSL 1.0.2u」をリリース