Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

最新版「CentOS 8」も2021年末でサポート終了 - 大幅方針転換で混乱も

11月に「CentOS 6」がサポート終了を迎えたが、最新版となる「CentOS 8」も2021年末にサポートが終了することとなった。CentOS Projectでは、大きくコンセプトが異なる「CentOS Stream」に注力する方針を示しており、利用者において混乱が生じている。

「CentOS」は「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)」の互換性を持つダウンストリームビルド。同プロジェクトでは、安定し、予測や管理ができる再現可能なプラットフォームであるとコンセプトを掲げてきた。

これまで最新版となる「CentOS 8」では、「Red Hat Enterprise Linux 8」のサポート終了日である2029年5月31日までサポートすると表明していた。

しかし、12月に入り同プロジェクトでは、「CentOS 8」の提供を2021年12月31日に終了すると発表。「Red Hat Enterprise Linux」の開発ブランチとして位置づけられる「CentOS Stream」にフォーカスするとの大幅な方針転換を示した。

サポートが終了すると、セキュリティパッチを含むアップデートも提供されなくなる。「CentOS 6」の終了にともない、「CentOS 8」への移行を進めてきたユーザーも多数いると見られ、急な決定に混乱が生じている。「CentOS 7」については、当初のライフサイクルを維持し、2024年6月30日までサポートするとしている。

(Security NEXT - 2020/12/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「SonicWall」の旧製品に差し迫るランサムウェアの危機
2021年1Qの「JVN iPedia」登録は1701件 - 「XSS」が170件で最多
国内設置ルータを踏み台とした攻撃パケットの増加を観測 - JPCERT/CC
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
ネット接続機器の脆弱性対処法は? - 開発者や消費者向けにガイドブック
「OpenSSL 1.1.1e」がリリース、バグや脆弱性を修正
中小企業の1割、Windows 10への移行「考えていない」
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働