Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

郵送チケットに宛名と別人の氏名など記載 - アパレル会社

アパレル事業を展開するストライプインターナショナルは、顧客の個人情報50件が流出する事故があったことを明らかにした。

同社によれば、同社ブランドの生誕イベント「LEBECCA boutique 4th Birthday Party」のチケットを12月7日に発送したが、宛先とは異なる顧客の氏名や住所が記載された書籍の引換券を一緒に送付したもの。

翌8日に受け取った顧客から連絡があり、問題が判明した。同社では対象となる顧客に個別に連絡を取り、謝罪している。

(Security NEXT - 2020/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

コロナの自宅療養証明書を異なる住所へ誤発送 - 静岡県
採用合否通知メールに別人の氏名と合否を記載 - 住友ゴム
コロナ陽性者向け「自宅療養のしおり」に発生届を誤添付 - 香川県
コロナ関連通知書の裏面に別人情報、誤って両面印刷 - 船橋市
ユーザー車検代行利用者へのアンケートで誤送付 - 国交省
PCR検査の結果を同姓の別人にメール送信 - 読谷村
コロナ検査結果確認サイトで別人の検査結果 - 愛媛県総合保健協会
別人の納税催告書を誤って送付 - 栃木県壬生町
ファンクラブ継続案内に無関係の個人情報 - モンテディオ山形
DMに他人の個人情報、委託先の印刷ミスで - 麗人酒造