Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

私学調査でメールアドレスリストを誤添付 - 大阪府

大阪府は、府内私立学校の生徒数を調査するため、各校担当者へメールを送信したところ、誤ってメールアドレスのリストを添付するミスがあったことを公表した。

同府によれば、12月2日13時過ぎに同府私学課において私立学校の担当者宛てに調査依頼のメールを送信した際、送信先である19法人のメールアドレス51件が含まれる一覧表を誤って添付するミスがあったという。28件については個人が識別できる可能性があるとしている。

問題のリストを調査依頼に必要な資料と同じフォルダ内に保存しており、送信システムを通じてメールを送信する際に誤って添付してしまったという。

職員は、送信先に自身も含めており、受信したメールを確認したところミスに気がついた。対象となる送信先にメールで謝罪し、一覧表が誤添付されたメールの削除を依頼。すべての法人から削除済みであるとの回答を得たとしている。

(Security NEXT - 2020/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

補助金対象施設リストを誤送信、メール転送時に確認漏れ - 宮城県
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 都築電気
高齢者支援施設名乗る不審メール出回るもマルウェア感染確認されず - 仙台市
遺言信託契約者情報を委託先に誤送信 - JA神奈川県信連
会員向けメッセージに送信先リストを誤添付 - 医師向け会員サイト
スクーリング時の回覧座席表に受講者名簿を誤って添付 - 日大
若者向け就労支援事業の委託先で「Emotet」感染 - 東京労働局
取引先へのメールに顧客情報を誤添付 - 岐阜のCATV
図書館利用団体のメアド流出で謝罪 - 千葉市
国家戦略特区に設置した「雇用労働相談センター」で「Emotet」感染