Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近

京都スマートシティエキスポ運営協議会は、12月12日、13日に「ハッキングコンテスト in 京都スマートシティエキスポ2020」をオンラインで開催する。参加登録は12月10日正午までとなっている。

同イベントは、オンデマンドで開催している「京都スマートシティエキスポ2020」にて開催する「スマートシティ」を題材としたハッキングコンテスト。

参加者はセキュリティ技術者となって制限時間内にさまざまな問題を解決し、得点を競うもので、問題は初心者向けから複合的な知識が必要となる中上級者向けまで幅広く用意しているという。

競技は12月12日、13日に開催し、13日には順位の発表や問題の解説なども行う。参加費は無料でパソコンがあればだれでも参加できる。参加登録の締切は12月10日12時。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

改正個人情報保護法の実務対応をテーマとしたセミナー開催 - JIPDEC
クラウドのセキュリティ責任共有モデルをテーマにセミナー開催 - DBSC
「CODE BLUE 2021」基調講演にデジタル庁CISOの坂明氏 - 会場限定セッションも
「JAPANSecuritySummit 2021」をオンライン開催
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
CODE BLUE 2021の講演者を発表 - 「ProxyLogon」発見者も登壇
学生向けCTF「NetWars 2021」、11月に開催 - NRIセキュア
アジア圏U25対象のCTF大会「ACSC 2021」 - 成績優秀者はアジア代表に
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増