Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近

京都スマートシティエキスポ運営協議会は、12月12日、13日に「ハッキングコンテスト in 京都スマートシティエキスポ2020」をオンラインで開催する。参加登録は12月10日正午までとなっている。

同イベントは、オンデマンドで開催している「京都スマートシティエキスポ2020」にて開催する「スマートシティ」を題材としたハッキングコンテスト。

参加者はセキュリティ技術者となって制限時間内にさまざまな問題を解決し、得点を競うもので、問題は初心者向けから複合的な知識が必要となる中上級者向けまで幅広く用意しているという。

競技は12月12日、13日に開催し、13日には順位の発表や問題の解説なども行う。参加費は無料でパソコンがあればだれでも参加できる。参加登録の締切は12月10日12時。

(Security NEXT - 2020/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NRIセキュア、CTFイベント「NetWars」を2月に開催 - 社会人も参加可
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
「スミッシング」をテーマとするオンラインカンファレンスを開催 - JPAAWG
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
若年層セキュコンクールの受賞候補を公開 - 意見を募集
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
高等専門学校向けのセキュリティコンテストを11月に開催