Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割

11月は「カードブランド」や「国税庁」など、従来の傾向とは異なるブランドをかたったフィッシングの増加も観測された。悪用されるブランドが増えることで対象となる受信者層も広がり、「はじめてフィッシングメールを受け取った」といった報告も目立ったという。

ショートメッセージサービス(SMS)を利用したいわゆる「スミッシング」の報告も増加。宅配業者の不在通知を装ったSMSにくわえて、あらたに「楽天市場」の発送通知を装った文面も報告された。

発信元情報をなりすましたSMSは正規メッセージと誤認する可能性が高いと指摘。ログインを促すようなメールやSMSを受信した場合は記載されたURLをクリックせず、正規のアプリやブックマークしたURLからログインして情報を確認するよう、同協議会ではあらためて呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多 - 報告やURLも大幅増
2月はクレカ会社のフィッシングサイトが1.3倍に - BBSSレポート
フィッシングURL、前月比22.9%減 - 報告は4カ月連続で3万件超
1月のフィッシングサイト、前年同月の倍に - 6割弱が偽ECサイト
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
ECサイトのフィッシングサイトが前月比1.7倍に - BBSS報告
1月のフィッシング報告大幅増、4万件超に - 「Amazon」関連が6割