Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割

11月は「カードブランド」や「国税庁」など、従来の傾向とは異なるブランドをかたったフィッシングの増加も観測された。悪用されるブランドが増えることで対象となる受信者層も広がり、「はじめてフィッシングメールを受け取った」といった報告も目立ったという。

ショートメッセージサービス(SMS)を利用したいわゆる「スミッシング」の報告も増加。宅配業者の不在通知を装ったSMSにくわえて、あらたに「楽天市場」の発送通知を装った文面も報告された。

発信元情報をなりすましたSMSは正規メッセージと誤認する可能性が高いと指摘。ログインを促すようなメールやSMSを受信した場合は記載されたURLをクリックせず、正規のアプリやブックマークしたURLからログインして情報を確認するよう、同協議会ではあらためて呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に
スマホ利用者2割がセキュリティに不安 - MMD調査
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に
10月のフィッシング、報告減少するもURLは増加
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査