Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了

2020年末に「Adobe Flash Player」のサポートが終了する。10月中旬からはアンインストールが推奨されており、あらためて端末より削除されているか確認したい。

オーディオや動画の再生、インタラクティブな操作環境を導入できることからゲームなどにも活用されてきた「Adobe Flash Player」だが、2020年12月31日を持って配布やアップデートが終了する。

「HTML5」「WebGL」「WebAssembly」など代替する技術の成熟などを理由に2017年7月にはサポートの終了日がアナウンスされており、すでに移行対応も進んでいる。同コンテンツを利用するサイトを見かけることも少なくなった。

各ブラウザとも連携して対応を進め、「Firefox 69」以降では常時有効化するオプションを削除。「Chrome 76」で無効化が実施されたほか、macOSの「Safari」では9月にリリースされた「同14」で再生ができなくなった。

Adobe Systemsにおいてもすでにアンインストールを推奨している。10月中旬からはインストール済みの環境においてアンインストールを促す警告画面の表示などを行っている。

サポート終了以降は、「Adobe Flash Player」における実行をブロックするとしており、使用しないよう求めている。旧バージョンなど含めて提供を中止し、同社以外で提供されるものは、非正規であり、マルウェアの可能性があるとして利用を避けるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
MS、6月のセキュリティ更新を公開 - 脆弱性129件に対応
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - セキュリティアップデートが公開
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
「Chrome 76」のセキュリティ修正は43件 - シークレットモード検出対策やFlash無効化なども
macOS狙う新種マルウェア、マンガ海賊版サイトなどで拡散