Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」の深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2020-9746」が明らかとなったもの。HTTP通信において中間者攻撃が行われた場合、アプリケーションがクラッシュし、任意のコードを実行されるおそれがある。同社はデフォルトの通信について、SSL/TLSが利用されると説明している。

同社は、最新版となる「同32.0.0.445」をリリース。適用優先度について、Linux版以外を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう求めている。Linux版については任意のタイミングで更新を求める「3」とした。

なお、「Adobe Flash Player」については、2020年12月31日にサポートの終了が予定されている。

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性
Google、ブラウザ最新版「Chrome 122」を公開 - 複数脆弱性を解消
「Django」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで対処
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消