Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」の深刻な脆弱性を修正するアップデートをリリースした。

NULLポインタ参照の脆弱性「CVE-2020-9746」が明らかとなったもの。HTTP通信において中間者攻撃が行われた場合、アプリケーションがクラッシュし、任意のコードを実行されるおそれがある。同社はデフォルトの通信について、SSL/TLSが利用されると説明している。

同社は、最新版となる「同32.0.0.445」をリリース。適用優先度について、Linux版以外を3段階中2番目にあたる「2」とし、30日以内を目安にアップデートするよう求めている。Linux版については任意のタイミングで更新を求める「3」とした。

なお、「Adobe Flash Player」については、2020年12月31日にサポートの終了が予定されている。

(Security NEXT - 2020/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Linuxに脆弱性「BleedingTooth」が判明 - 近接環境からコード実行のおそれ
MS、定例外で2件のアップデートをリリース
「phpMyAdmin」に「SQLi」や「XSS」の脆弱性
AMDのオーバークロックソフトやグラフィックドライバに脆弱性
eコマースプラットフォーム「Magento」に複数の深刻な脆弱性
パロアルト製品に複数の脆弱性 - 深刻なRCE脆弱性も
QNAP製NASのアプリに深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Outlook」にRCE脆弱性 - プレビューだけで悪用のおそれ
MS、月例パッチで脆弱性87件を修正 - 6件が公開済み
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 更新を