Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を

サーバなどで広く利用されているLinuxディストリビューション「CentOS 6」が、11月30日にサポートの終了を迎えた。同梱されているソフトを含め、12月1日以降はアップデートが提供されなくなるため注意が必要だ。

同OSは、2011年7月にリリースされ、完全更新が終了した2017年以降、脆弱性などへ対応するメインテナンスサポートが提供されてきたが、ついにサポートの終了を迎える。サポートの終了後は、脆弱性が判明してもアップデートが提供されなくなる。

同OSにおいては、開発言語やウェブサーバ、データベースなど、パッケージされたソフトでは、各ソフトでサポートが終了している場合も、重大な脆弱性が見つかった場合は、バックポートにより各ソフトウェアにパッチが提供されてきた。

しかし、同OSのサポートが終了となることで、同梱されたソフトウェアについてもパッチの供給がなくなるため、影響が広範囲に及ぶ。あらたに脆弱性が明らかとなれば、攻撃者のターゲットとされる可能性も少なくない。

(Security NEXT - 2020/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9」にサービス拒否の脆弱性 - アップデートが公開
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
Fortinet、EOLの「FortiOS 6.0」系にもアップデートを用意
「FortiOS」のゼロデイ脆弱性、サポート終了バージョンにも影響
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 移行急がれる「同2017」
Apple、「iOS 16.1.1」「iPadOS 16.1.1」を公開 - 脆弱性2件を修正
「VMware Cloud Foundation」に深刻な脆弱性 - OSSの既知脆弱性に起因
Oracle、Java SEの脆弱性9件をアップデートで修正
Oracle、「Java SE」の脆弱性5件を修正 - 「同7」の延長サポートが終了