Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査

オンラインバンキング利用者において、3割強が2要素認証を利用しているとする調査結果をMMD研究所が取りまとめた。

同社が10月20日から29日にかけて18歳から69歳の男女4400人を対象に調査を実施し、結果を取りまとめたもの。

ネット銀行やオンラインバンキングについて、「現在利用している」あるいは「過去に利用していた」と回答した利用経験者は69.3%。一方「利用したことはない」とする回答は26.5%だった。金融機関を選ぶ基準としては、手数料の安さが62.1%と突出。セキュリティの信頼性を挙げた回答者は38.2%だった。

オンラインにおける金融取り引きに不安を感じるか聞いたところ、「不安を感じる」「どちらかというと不安を感じる」をあわせると、68.1%と7割近くが不安を感じていた。

20201125_mm_002.jpg
ネット上の金融取り引きに対する不安(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイトの半数がクレカ事業者を偽装 - 銀行装うケース大きく縮小
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
2021年のサイバー犯罪検挙数は1万2275件 - 前年比25%増
IPA、「情報セキュリティ10大脅威 2022」を発表 - 「ゼロデイ攻撃」が新規ランクイン
2021年3Qのネットバンク不正送金件数、前四半期の3倍超に
2021年2Qの不正送金 - 件数大幅減となるも被害額は微増
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加