Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査

ネット銀行やオンラインバンキングの利用経験者328人に、ネット上の金融取引時にセキュリティ対策として行っていることを聞いたところ、無回答だった12人を除くと、「口座取引履歴をこまめに確認する」が37.3%で最多。「2要素認証を設定する(34.8%)」「公共のパソコンで口座にログインしない(30.1%)」との回答も3割を超えている。

「OSやソフトウェアを常に最新の状態に保つようにする(27.8%)」「公共のWi-Fiを使わない(27.5%)」「セキュリティソフトをインストールする(25.6%)」「スマホのロックをかける(24.4%)」と続いた。

口座に紐づけているキャッシュレス決済を見ると、QRコード式のスマートフォン決済が29.1%、非接触型のスマートフォン決済が12.8%、カード型電子マネーが16.7%だった。

キャッシュレス決済を利用しつつも、銀行口座に紐づけていない利用割合を見ると、QRコード式のスマホ決済が23.1%、非接触型のスマホ決済が19.4%、カード型電子マネーが31.3%だった。

20201125_mm_001.jpg
オンラインバンキングで行っているセキュリティ対策(グラフ:MMD研究所)

(Security NEXT - 2020/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加
不正送金被害が大幅減 - 被害額は前四半期の半数以下に
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
不正送金、前四半期の3分の1に - 被害額は7分の1以下
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
不正アクセス禁止法違反による年間検挙は816件 - 前年比1.4倍
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇