Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ

ふくい産業支援センターが運営するウェブサイト「ふくいナビ」が、契約先の手続きミスにより利用するクラウド上のデータが消失した問題。その後の調査でバックアップが見つかり、復旧の目処がたったことがわかった。

今回の問題は、同センターの契約先であるNECキャピタルソリューションにおいて、内部手続きに不備があり、クラウドインフラを運用するNECとの間で使用継続の手配に漏れが発生。契約が打ち切りとなり、クラウド上のシステムや利用者データが削除された。

クラウドより消去されたデータは、セキュリティの観点から復旧が難しい状態だったが、同社にくわえて同サイトの運用保守を担当する事業者も入り調査を進めたところ、同センター内にある旧サーバ内にバックアップデータが保存されていたことが判明した。

旧サーバには、クラウドへ移行する以前の旧システムに関するプログラムのほか、クラウドにおける10月5日時点での同サイト利用者に関するバックアップデータが残っていたという。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

多数システムでランサム被害、復旧や事業継続に追われる - ならコープ
空調システムに特化したセキュリティ対策GLを公開 - 経産省
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
自治体向けSaaSでデータ消失、最大257団体に影響 - 同期操作のミスで
緊張高まる国際情勢を受けてセキュリティ対策強化呼びかけ - 経産省
スマホアプリのウェブサーバがサイバー攻撃被害 - フォレスト出版
委託先に不正アクセス、個人情報800万件流出か - NTTぷらら
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造