Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドデータ消失の「ふくいナビ」、バックアップ判明し復旧へ

「ふくいナビ」は、5年前にオンプレミス環境からクラウド環境に移行。その際に移行期にあるとして、保守運用事業者がそれまで利用していたオンプレミスへ、1週間ごとにクラウドの利用者データをバックアップするよう設定を行っていた。

10月5日以降は、同センターにおいて実施された全館停電の影響でバックアップが行われていなかったが、旧システムや10月5日時点のデータを用いてシステムを復旧することが可能だという。

同システムでは、約300弱のメーリングリストや100弱のメールマガジンが運用されており、登録者のデータが蓄積されていた。消失判明以降。利用する一部企業からマーケティングに用いるデータを失ったとして怒りの声があがっていたが、復旧に目処が立ち、同センターには「安心した」といった声も寄せられている。

同センターでは、バックアップよりメーリングリストやメールマガジンの登録者情報を抽出し、管理者に対して配信先メールアドレスを順次提供する。今後は、バックアップデータをもとにクラウド環境へ「ふくいナビ」の再構築を進め、12月末までに復旧したい考え。

(Security NEXT - 2020/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

福井県の中小企業支援サイトで全データ消失 - クラウド契約先が手続ミス
写真クラウドのデータ消失、原因はプログラムミス - キヤノン
キヤノンの写真クラウドサービスで障害 - 画像データ消失
不正アクセスで個人情報流出か、データ消失も - 城南進学研究社
「ストーカーウェア」からDV被害者を保護する取り組み
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割