Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持

「暗号化zipファイル」の問題については、今回の発表に先立ち前日16日に、河野太郎行政改革大臣と参加したオンライン中継によるオープン対話で意見交換し、その際に言及していた。

オープン対話で平井大臣は、「暗号化zipファイル」の利用はセキュリティのために行われているものではないと指摘。「(賛成意見を寄せたのは)霞が関の職員が多いと思う。やめる方向に行くしかない」と述べていた。

「暗号化zipファイル」に関しては、手間がかかる一方でセキュリティ対策としての効果を疑問視する声が強まっている。またセキュリティ製品による検知を回避するため、マルウェアの拡散にも悪用されるケースがあり、米政府などはセキュリティ対策としてブロックすることを推奨している。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
マルウェア「Emotet」が巧妙化、国内で感染拡大 - わずか1.5日で相談23件
PHPにセキュリティアップデート - 脆弱性を修正
法人向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - すでに悪用も