Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持

デジタル改革を担当する平井卓也大臣は、政府において「暗号化zipファイル」の廃止に向けた検討に入ったことを明らかにした。

11月17日の記者会見で、内閣府や内閣官房において「暗号化zipファイル」を廃止する方向で検討を進めていることを明らかにしたもの。

デジタル改革関連法案準備室が10月15日にスタートした「デジタル改革アイデアボックス」に多数の意見が寄せられ、採用したもの。「暗号化zipファイル」の廃止については、賛成票から反対票を引いてもっとも支持が多かった意見だったという。

平井大臣は内閣府、内閣官房で検討しているとし、今後は他省庁についても実態調査を進めると説明。「アイデアボックスにおける支持が多い意見はすぐに対処していく」と述べた。

(Security NEXT - 2020/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
従業員アカウントに不正アクセス、取引先情報流出のおそれ - オリコン
職員が不正ログイン被害、なりすましメールが送信 - 国立環境研究所
職員アカウントが海外より不正アクセス、スパムの踏み台に - 尚絅学院大
1年間不使用のメールアカウントに不正アクセス - 人道支援団体
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec