Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」だけじゃない - メール返信偽装、PW付zipファイル悪用マルウェアに要警戒

当初、英語以外の言語によるメールは見られなかったが、10月後半に入り、日本語で記載されたメールも出回り始めた。トレンドマイクロでは、10月27日ごろより攻撃メールを確認している。

同社製品において、同日より11月6日までの10日間で検知された件数は70件強だが、すでに同社サポートセンターには、感染報告が寄せられているという。

同社が確認したケースでは、添付ファイルとともに、メールの本文にはzipファイル解答用のパスワード「1234567」が記載されていた。件名は過去のメールに対する返信だが、本文に以前のメールの内容は含まれていなかった。

(Security NEXT - 2020/11/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
PC3台が「Emotet」に感染、情報流出の可能性 - システム開発会社
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
漁協直売店で「Emotet」感染 - 通販サイトのメールが流出
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
厚労省の委託先で「Emotet」感染 - メールなどが端末から流出
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大