Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加

2020年第3四半期に届け出があった脆弱性は、前四半期の1.3倍にあたる247件だった。ウェブサイト関連の増加が目立っている。

情報処理推進機構(IPA)が、2020年第3四半期に情報セキュリティ早期警戒パートナーシップガイドラインを通じて届け出があった脆弱性の状況について取りまとめたもの。同四半期は247件の届け出があり、前四半期の188件を59件上回った。

内訳を見ると、ソフトウェア関連の脆弱性に関する届け出が58件で、前四半期の52件から6件の増加。ウェブサイト関連は189件で、前四半期の136件を53件上回った。

届け出の受け付けを開始した2004年からの累計件数は、ソフトウェア関連が4627件、ウェブサイト関連が1万1296件であわせて1万5923件。ウェブサイトに関する届け出が全体の約7割を占める。1日あたりの届け出件数は4.03件で、前四半期から変動はない。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年度の国内WAF市場、前年度比15.9%増
2022年1Qの脆弱性届け出は176件 - ソフトとウェブともに増加
2022年1Qの脆弱性DB登録は3780件 - 5四半期ぶりに減少
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
ECサイトの情報流出被害、4割で1000万円超 - 責任範囲や技術の理解乏しく
マルウェア減るもランサムウェアは前年から倍増
情シス担当者、「ゼロトラストを理解している」21%
2021年のマルウェア届出、前年の2倍 - ランサム感染被害は39件