Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社

衣料品の製造、販売を手がけるダイワボウアドバンスは、インターネットで商品を注文した顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、8月27日から9月11日にかけて、インターネットより同社に商品を注文した顧客や、注文に対して同社がメールで連絡を取った顧客の個人情報500件強が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

9月11日にフィッシングメールを受信し、誤ってフィッシングサイトに同社が利用するメールアドレスのパスワードを入力してしまったという。

約2時間20分後にパスワードが詐取されたことに気づいてパスワードを変更したが、調査を行ったところ、その間に不正アクセスを受け、メール内容を閲覧された可能性があることを確認。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど流出したおそれがある。

今回の問題を受け、同社では情報流出の可能性がある顧客に対し報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
患者情報含む医師個人のクラウドアカウントが乗っ取り被害 - 岡大病院
従業員がスミッシング被害、顧客情報流出の可能性 - ニトムズ
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
教員の個人アカウントが乗っ取り被害、スマホ同期の個人情報も - 大阪教育大
持出情報同期したクラウドアカウントがフィッシング被害 - 千葉大付属病院
実在部署名乗るメールで教員がフィッシング被害 - 名大
フィッシング被害者などで不正取引が発生 - レイクALSA