Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社

衣料品の製造、販売を手がけるダイワボウアドバンスは、インターネットで商品を注文した顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、8月27日から9月11日にかけて、インターネットより同社に商品を注文した顧客や、注文に対して同社がメールで連絡を取った顧客の個人情報500件強が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

9月11日にフィッシングメールを受信し、誤ってフィッシングサイトに同社が利用するメールアドレスのパスワードを入力してしまったという。

約2時間20分後にパスワードが詐取されたことに気づいてパスワードを変更したが、調査を行ったところ、その間に不正アクセスを受け、メール内容を閲覧された可能性があることを確認。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど流出したおそれがある。

今回の問題を受け、同社では情報流出の可能性がある顧客に対し報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、関係者へフィッシングメール - LINK-J
アカウントが乗っ取り被害、フィッシング踏み台に - マウスコンピューター
鳥取市の通販サイトに不正アクセス - 利用者情報が流出
メルアカ2件に不正アクセス、不正転送など発生 - 農工大
不正アクセス原因、PWスプレー攻撃の可能性 - 東京企画
顧客情報含む委託先PCに外部から不正な遠隔操作 - 荏原製作所
Avastのブラウザ拡張機能が大量のデータを収集 - 研究者から懸念の声
金沢大のメルアカ乗っ取り、個人情報流出のおそれも
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
「宅ふぁいる便」で過去登録情報の流出があらたに判明