Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング被害で顧客情報流出のおそれ - ダイワボウグループ会社

衣料品の製造、販売を手がけるダイワボウアドバンスは、インターネットで商品を注文した顧客の個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同社によれば、8月27日から9月11日にかけて、インターネットより同社に商品を注文した顧客や、注文に対して同社がメールで連絡を取った顧客の個人情報500件強が外部に流出した可能性があることが判明したもの。

9月11日にフィッシングメールを受信し、誤ってフィッシングサイトに同社が利用するメールアドレスのパスワードを入力してしまったという。

約2時間20分後にパスワードが詐取されたことに気づいてパスワードを変更したが、調査を行ったところ、その間に不正アクセスを受け、メール内容を閲覧された可能性があることを確認。氏名、住所、電話番号、メールアドレスなど流出したおそれがある。

今回の問題を受け、同社では情報流出の可能性がある顧客に対し報告と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JRA海外駐在員事務所でフィッシング被害 - メールボックスに不正アクセス
アカウント管理システムに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 日本ゼオン
業務用スマホでフィッシング被害 - 歯科用機器メーカー
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
トヨタのネット接続サービス、アクセスキーが公開ソースコード内に - 情報流出の可能性
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン
保健所職員が個人情報を私用端末に、同期クラウドが乗っ取り被害 - 大阪市
インスタアカウントが乗っ取り被害、DMに個人情報 - 建築設計会社
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大