Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定

東京証券取引所は、10月1日に株式売買システム「アローヘッド」で障害が発生し、終日取り引きができなくなった問題で、その後の調査結果を明らかにした。

今回の障害では、両現用で動作する冗長構成の共有ディスク装置の1台においてメモリの故障が発生。故障発生時はフェイルオーバーによって1台構成で動作するしくみのはずが、想定通り機能しなかった。

同取引所では、システムを納入した富士通と原因究明を進めてきたが、障害時の切り替え機能において、メモリ故障に起因する障害パターンの場合に、故障検知時の自動切替えが機能しない設定となっていたことが判明したという。

設定を見直すことで、メモリ故障に起因する障害であっても自動切り替えは可能で、原因の判明を受けて東証では10月4日に設定を変更。2台ある共有ディスク装置双方の死活監視機能によって自動切り替えが動作することを確認した。

同取引所では、さらなる原因分析やシステム設定の点検など進めるとともに、再発防止策を引き続き検討するとしている。

20201006_jx_001.jpg

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

東証障害、売買停止後も内部で約定発生 - マニュアル誤記載も
サーバ9割以上が暗号化被害、セキュ対策ソフト削除も - 鉄建建設
東証、10月2日は通常どおり売買実施
東証のシステム障害、メモリ故障に起因 - フェイルオーバー機能せず
慶大でシステム障害、一部学科で授業開始できず - 不正アクセスか
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
東京証券取引所でシステム障害 - 全銘柄が取引停止に
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
クラウドのシステムが暗号化され脅迫受ける、詳細は調査中 - ベルパーク
【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を