Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東証のシステム障害、原因は自動切換用の設定

東京証券取引所は、10月1日に株式売買システム「アローヘッド」で障害が発生し、終日取り引きができなくなった問題で、その後の調査結果を明らかにした。

今回の障害では、両現用で動作する冗長構成の共有ディスク装置の1台においてメモリの故障が発生。故障発生時はフェイルオーバーによって1台構成で動作するしくみのはずが、想定通り機能しなかった。

同取引所では、システムを納入した富士通と原因究明を進めてきたが、障害時の切り替え機能において、メモリ故障に起因する障害パターンの場合に、故障検知時の自動切替えが機能しない設定となっていたことが判明したという。

設定を見直すことで、メモリ故障に起因する障害であっても自動切り替えは可能で、原因の判明を受けて東証では10月4日に設定を変更。2台ある共有ディスク装置双方の死活監視機能によって自動切り替えが動作することを確認した。

同取引所では、さらなる原因分析やシステム設定の点検など進めるとともに、再発防止策を引き続き検討するとしている。

20201006_jx_001.jpg

(Security NEXT - 2020/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
8月に発生したメール誤送信を公表 - 響愛学園
障害福祉サービス事業所利用者の個人情報を漏洩 - 横浜市
ゴミの「ふれあい収集」対象者名簿が所在不明に - 大阪市
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害