Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避

WatchGuard Technologiesは、2020年第2四半期における同社のマルウェア検知状況を取りまとめた。マルウェアの67%が、同社の定義ファイルベースによる検知を回避し、別の手段で検知されたものだった。

ワールドワイドで稼働する4万1762台の同社アプライアンスより、2020年第2四半期に収集したデータを取りまとめたもの。同期間中にこれらゲートウェイでマルウェアとしてブロックした亜種は約2813万件。前四半期から8%減となるが、テレワークの増加が、検知数の減少に影響した可能性があると同社は分析している。

定義ファイルによる検知が可能だった既知のマルウェアは33%で、のこる67%は未知のマルウェアだった。ゲートウェイにおけるベーシックなマルウェア対策で検知可能だったマルウェアの亜種は、1723万6858件で前四半期より24%減となる。

一方で、ゲートウェイの検知を通過し、クラウドベースのサンドボックスによるスキャンで検知された脅威は1029万1068件となり、前四半期から12%増加した。シグネチャやクラウドへの接続に依存せず、機械学習ベースの検知エンジンで検知したマルウェアは60万4171件で、前四半期を29%下回っている。

(Security NEXT - 2020/10/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に
クラウドセキュリティ市場、高成長を予測 - IDC Japan
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍
マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件