Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」

「Apache Struts 2」に脆弱性「CVE-2019-0230」が明らかとなった問題。米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベースでは、開発者に比べて脆弱性の重要度が高く評価されており、注意が必要だ。

「CVE-2019-0230」は、開発チームより8月に公表された脆弱性。細工したリクエストにより「OGNL(Object Graph Navigation Library)インジェクション」が可能となる。2019年に公開された「Apache Struts 2.5.22」にて修正されており、バージョン以降は影響を受けない。

開発チームでは、8月に公開したセキュリティアドバイザリで、脆弱性の重要度を4段階中、上から2番目にあたる「重要(Important)」とレーティングし、注意を呼びかけていた。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」では、公開されている情報に基づいてアナリストが評価を行ったところ、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」における同脆弱性のベーススコアを「9.8」と評価。「クリティカル(Critical)」とレーティングしており、開発者の示した重要度とギャップが生まれている。

同時に修正された「CVE-2019-0233」についても、開発者が「中(Medium)」とする一方、NVDでは「CVSSv3.1」のベーススコアを「7.5」、重要度を「高(High)」としており、開発者よりも重要度が高く評価されている。

いずれにしても、これら脆弱性は半年以上前のアップデートで修正されている。利用者はアップデートの実施状況を確認し、早急に対応を行う必要がある。

(Security NEXT - 2020/09/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
「BIG-IP」脆弱性に注意 - 実証コード公開済み、探索や悪用も
「Chrome 101.0.4951.64」がリリース - 13件のセキュリティ修正を実施
Adobe、「Framemaker」「InDesign」など5製品でセキュリティ更新
2021年に悪用多かった脆弱性トップ15 - 首位は「Log4Shell」、VPNも引き続き標的に
MS、5月の月例パッチで脆弱性73件に対処 - ゼロデイ脆弱性を修正
「Magnitude Simba」のODBCドライバなどに脆弱性
富士通製のセキュリティ帯域制御製品に深刻な脆弱性