Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

交付前のマイナンバーカードが所在不明 - 和泉市

大阪府和泉市は、住民に交付する前のマイナンバーカード2件が所在不明になっていることを明らかにした。

同市によれば、ケースに保管していたマイナンバーカード1枚が見当たらず、捜索する過程で在庫確認を行ったところ、さらに別のカード1枚が所在不明となっていることが9月3日にわかった。今回の問題を受けて、同市では関係者に謝罪し、マイナンバーの変更手続きを進めている。

いずれのマイナンバーカードもシステムにおいて交付の記録が残っておらず、交付にあたっては本人が市役所へ来庁し、職員と本人が確認を行うことから、誤交付の可能性は低いという。

またカードは鍵付きの部屋で保管しさらに、鍵は金庫で保管されていることから、盗難の可能性も低いと説明。同市では、交付前の事務作業中に誤って廃棄した可能性が高いと結論づけている。

(Security NEXT - 2020/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー含む給与支払報告書を誤送付 - 横浜市
口座振替依頼書が一部所在不明、マイナンバーも記載 - 岩倉市
マイナンバー含む共済金の支払調書データを誤廃棄 - JA福井県
紛失や誤送付など個人情報関連事故2件を公表 - 八千代市
マッチングアプリ「Omiai」の会員情報171万件が流出した可能性
マイナンバーカード交付予約者の個人情報をサイトに誤掲載 - 小田原市
マイナンバーなど外部送信、ダミーファイルに残存 - 宝HD
市サイトで送信した画像が閲覧可能に、マイナンバーなども - 佐賀市
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社