Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会

群馬県社会福祉協議会は、同団体職員が利用するパソコンがマルウェアに感染し、個人情報が流出した可能性があることを明らかにした。

同協議会によれば、9月14日から15日にかけて、群馬県ふくし総合相談支援事業事務局を装った迷惑メールが複数の会員事業所へ送信されていることが、会員事業所からの連絡で判明した。

翌16日13時半ごろ、職員のパソコンがマルウェア「Emotet」に感染していることを確認。その後、群馬県社会福祉法人経営者協議会の事務局や群馬県地域包括・在宅介護支援センター協議会の事務局になりすましたメールも確認されたという。

今回のマルウェア感染では、研修申込者や団体の役員、事務局担当者などの氏名や性別、生年月日、住所、電話番号など個人情報468件、登録されていたメールアドレス370件が流出した可能性がある。

同協議会では個人情報が流出した可能性がある関係者に状況の説明と謝罪を行った。また対象となったメールアカウントを停止してパスワードの変更を実施。全職員のパソコンについてマルウェアの感染状況を確認したほか、会員事務所に対してファックスによる注意喚起を実施している。

(Security NEXT - 2020/09/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア「QakBot」の検知が増加 - 窃取メールを悪用か
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起