Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も

「Office 2010」「Office 2016 for Mac」のサポートが10月13日に終了する。以降は脆弱性の修正が行われないため、マイクロソフトやセキュリティ機関では、サポート中の製品やサブスクリプションサービス「Microsoft 365」へ移行するよう呼びかけている。

「Office 2010」は、2015年10月13日にメインストリームサポートが終了。セキュリティ更新のみ提供する延長サポートに移行していたが、2020年10月13日に約10年間にわたり提供されてきたサポート期間を終える。

Mac向けに提供されている「Office 2016 for Mac」に関しては、発売は2015年となるが、延長サポートの提供がないため、Windowsと比較してサポート期間が短く、同日にサポート期間を終える。

また2020年1月14日からサポート期間が延長されていた「Exchange Server 2010」なども同日にサポートの終了を予定しているため注意が必要。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性の修正が困難となる。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
「Apache HTTPD」がアップデート - 一部脆弱性はすでに悪用済み
「Firefox 93」が登場 - 機能強化や脆弱性の修正を実施
攻撃者狙う脆弱な「VPN」、導入や堅牢化のガイダンスを米政府が公開
EC-CUBE用プラグイン「注文ステータス一括変更プラグイン」に脆弱性 - 利用中止を
Mozilla、ブラウザ最新版「Firefox 92」をリリース - 脆弱性6件を修正
「ArubaOS」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
小規模環境向けの一部Cisco製VPNルータに脆弱性 - EOLで修正予定なし
「OpenSSL 1.1.1l」が公開 - 2件の脆弱性を修正
Oracle、四半期定例パッチを公開 - 脆弱性のべ342件を修正