Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Office 2010」のサポート終了まで1カ月 - 「Office 2016 for Mac」も

「Office 2010」「Office 2016 for Mac」のサポートが10月13日に終了する。以降は脆弱性の修正が行われないため、マイクロソフトやセキュリティ機関では、サポート中の製品やサブスクリプションサービス「Microsoft 365」へ移行するよう呼びかけている。

「Office 2010」は、2015年10月13日にメインストリームサポートが終了。セキュリティ更新のみ提供する延長サポートに移行していたが、2020年10月13日に約10年間にわたり提供されてきたサポート期間を終える。

Mac向けに提供されている「Office 2016 for Mac」に関しては、発売は2015年となるが、延長サポートの提供がないため、Windowsと比較してサポート期間が短く、同日にサポート期間を終える。

また2020年1月14日からサポート期間が延長されていた「Exchange Server 2010」なども同日にサポートの終了を予定しているため注意が必要。

サポートが終了すると、セキュリティ更新プログラムが提供されなくなり、脆弱性の修正が困難となる。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
正規の「リモート管理ソフト」が攻撃者のバックドアに - 米政府が警戒呼びかけ
Oracle、「Java SE」や「Oracle GraalVM Enterprise Edition」の脆弱性を修正
Cisco製の小規模向け一部ルータに脆弱性、PoCも - EOLで修正予定なし
「Firefox 109」、脆弱性10件を修正 - セキュリティ強化も
脆弱性8件を解消した「Firefox 108」がリリースに
シャープのデジタル複合機に脆弱性 - 管理者PWの適切な管理を
Fortinet、EOLの「FortiOS 6.0」系にもアップデートを用意
「FortiOS」のゼロデイ脆弱性、サポート終了バージョンにも影響
「Citrix ADC/Gateway」にゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃による悪用も