Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモ口座」被害は66件、約1821万円 - 全額補償の方針

NTTドコモは、同社のウォレットサービス「ドコモ口座」を通じて不正引き出しが発生した問題で9月10日時点での被害状況を明らかにした。

同社によれば、9月10日0時の段階で11の金融機関において66件、約1821万円の被害が確認されているという。同社は金融機関と連携して全額を補償する方針で、負担する割合については金融機関と協議して決定するとしている。

また「ドコモ口座」に関しては、2019年5月にも同様の被害が発生していたことが明らかとなった。当時は「ドコモ口座」を開設するには、同社携帯電話回線が必要となるなど、現在と状況がやや異なるが、不正な回線を用いて口座を開設され、何らかの方法で入手した口座情報や暗証番号を用いて預金が不正に引き出された。

同問題を受けて同社では、送金できる上限額を従来の資金決済法で上限とされる100万円から30万円に引き下げたという。その後、同社携帯電話回線を保有しなくてもだれでも「ドコモ口座」を開設できるよう仕様を変更。利用者の拡大を図ったが、本人確認の甘さが突かれ、ふたたび悪用されたかたちだ。

同社は対策の甘さを認めて謝罪。「eKYC(electronic Know Your Customer)」を導入して本人確認の強化を図るなど、セキュリティの強化を進める。

(Security NEXT - 2020/09/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

連携決済サービス12社のうち6社で被害 - ゆうちょ銀
決済サービス「Bank Pay」の新規口座登録が停止 - 本人確認を強化
資金移動業者との連携について会員行に注意喚起 - 全銀協
「ドコモ口座」経由の不正引出、23件があらたに判明
「ドコモ口座」不正引出、2019年10月より120件 - 試行回数多くなくピンポイントに連携
「ドコモ口座」経由で金融機関口座から不正引出 - 約1000万円の被害