Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ

NTTドコモは、同社ウォレットサービス「ドコモ口座」の一部利用者を対象に本人確認を実施する。

一部金融機関より同サービスを通じて不正チャージが行われたことを受け、セキュリティ強化の一環として「eKYC(electronic Know Your Customer)」やドコモショップにて本人確認を10月27日から実施するもの。

対象となるのは、同社以外の回線を利用しており、10月23日の時点でチャージに対応している金融機関の口座を利用する顧客。対象となる利用者に対しては、個別に本人確認方法など手続きに必要な情報を案内する。

チャージを停止している金融機関におけるチャージの再開については、準備が整い次第、発表する予定。

なお、10月23日の時点で、同サービスへチャージが行える金融機関はソニー銀行、西日本シティ銀行、肥後銀行、福岡銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の6行。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

啓発イベント「サイバー防災」がスタート - 人気キャラ「しろまる」とコラボ
決済サービス「d払い」などで「3Dセキュア」が一時利用不能に
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件
実例をSNSで共有、被害を未然に防ぐ「#迷惑メール展」
携帯電話の未払料金請求を装うスミッシング攻撃に注意
フィッシング報告が2割減となるも高水準 - 悪用されたURLは増加
ドコモ、スミッシングを拒否設定 - 申込不要で自動設定
フィッシング報告が過去最多、6万件超 - 2年前の約7.7倍に
NTTドコモ、10月の大規模通信障害で報告書 - 「利用者への伝え方にも問題あった」
9月はECサイト装うフィッシングサイトが2.7倍に