Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ

NTTドコモは、同社ウォレットサービス「ドコモ口座」の一部利用者を対象に本人確認を実施する。

一部金融機関より同サービスを通じて不正チャージが行われたことを受け、セキュリティ強化の一環として「eKYC(electronic Know Your Customer)」やドコモショップにて本人確認を10月27日から実施するもの。

対象となるのは、同社以外の回線を利用しており、10月23日の時点でチャージに対応している金融機関の口座を利用する顧客。対象となる利用者に対しては、個別に本人確認方法など手続きに必要な情報を案内する。

チャージを停止している金融機関におけるチャージの再開については、準備が整い次第、発表する予定。

なお、10月23日の時点で、同サービスへチャージが行える金融機関はソニー銀行、西日本シティ銀行、肥後銀行、福岡銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の6行。

(Security NEXT - 2020/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約596万人分の個人情報持出、NTTドコモらに行政指導 - 個情委
「dカード」利用者を狙う偽メール - 架空の利用照会など複数文面で
約9年半にわたるコールセンターからの情報持出 - 対応追われる利用組織
2023年のテレワーク実施率は14.6% - 3年間でほぼ横ばい
ドコモ装い、「未納料金」などと偽電話 - 自動音声を活用
NTTドコモ装うフィッシング - 「dカード利用停止」と不安煽る
NTTドコモの顧客情報最大約529万件が流出した可能性
スマホアプリ「+メッセージ」にURL偽装が可能となる脆弱性
NTTドコモ、「+メッセージ」で一時障害 - 現在は復旧
「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応